So-net無料ブログ作成

帰り道

帰ってきたらまず忘れないうちに一日あった事を聞いてみる。
ほとんどもう忘れているんだけど・・・

今日はまず・・・
立たなくていいところで立ってしまい怒られたこと。
子:「話を聞いてないことが!だめだったみたい」(なぜか‘が’を強く言っていた(^^;)
人事なのよねぇその言い方が。。。。。
話が聞けるようになると怒られることも、失敗することもグンっと減るのにね。

子;「お母さん、後で付き合ってほしいとこがあるんだ!ちょっとだけでいいから。」
母;「どこ」
子;「今日ね帰りは○○くんと帰ってきたんだ。その時ねとってもうまくて安いってお店を
   教えてもらたんだよねぇ~~」
母「(@@)・・・・」
子供って結構所帯じみたこと言いますよね。
帰り道男の子同士。。。




抜け出せない

ただ一人の偏った思考・・・

それなのに気になって仕方がない。
せっかくいい話を聞いてきたのに。
万人に好かれるなんてないことも分かっているのに。

ほんとに苦しい。。
こんなことをここに残してる自分は誰かに同情してほしいのかなぁ

情けない母親だ。


めぐり合わせ。

よりによって私たちはなぜ今の担任に会ってしまったのだろう。。。

これも試練。この一年は自分がそんなつもりがなくてしたことも言った事も
悪く取られてしまうことがあるっていうことを学ぶ一年にしようと誓ったのに。。。

専門化がなんと言おうと病気にしたい先生にどう対応すればいいのか・・・・

カウンセラーが必要ないですよって言ってもだめ。

自分の見立てが正しいと証明したいんだろうけど
そんなことのために子供にいろいろな検査を受けさせて
やはり違うでしょっていうのは子供がかわいそうだし・・
カウンセラーも進められないと・・・・・

きっとこの出会いには何か意味があるんだろうから・・・乗り切らないと


強い母になりたい

担任に、おかしな子だといわれ・・・
怒られて立ち直りが早いことはそんなにおかしなことなんだろうか・・・
子供に悪いところはたくさんあると認めているが、
もっと落ち込んで悩みなさいとか、恥ずかしいと思いなさいというのを
教えていくのは難しい。。
担任はどうしてもうちの子を病気にしたいらしい。。。
母権病?字が違うかしら・・・
多動児・・・自閉的・・・次は何が出てくるのかしら


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。